トップ > CX > Trade-Pro > チャート機能

Trade-Pro

チャート機能

業界最多のテクニカル指標満載!!株式や為替、商品取引を売買するときの主な分析方法には大きく分けてファンダメンタル分析とテクニカル分析があります。近年ではオンライン取引の普及により、一般的にもテクニカル分析が浸透しています。トレードプロのチャート機能では、お客様の売買をサポートする様々な分析機能を有しております。一つの指標のみならず複数のテクニカル指標のカスタマイズも自由自在!
またデイトレードには欠かせない分足チャートの設定も1分足から120分足まで設定は自在です。 パラメータなども自由に設定できますので、特別なオリジナル指標が完成するかもしれません。

サンプル@ ボリンジャーバンド+レインボー+MACD】

サンプルA ハイローチャネル+アルーン】

各テクニカル指標の詳細についてはテクニカル指標の見方まで


チャート分析において、デイトレード、スイングトレードなどトレード方法に関わらず、大切になるのがチャートパターン分析やトレンド分析です。トレンドラインを引くなどの基本的な機能からフィボナッチ係数を使った分析まで、ラインを引くだけで簡単に分析ができます。
また印刷されたチャートでは、できないような、日足で引いたラインが週足、月足でも表示されたりと時間軸を超えた分析ができたりするのも他にはない機能です。
アラーム線(レジスタンスライン・サポートライン)を引いておきますと、指定したラインを上抜け、下抜けする際に、チャートを見ていなくてもポップアップやブザーでお知らせします。

チャート分析についてはこちら


12種類のチャートタイプを設定できます。ローソク足のバリエーションや欧米では良く使われるバーチャートや、ポイント・アンド・フィギュア、日本の伝統的なカギ足、新値足などの価格チャートを設定することができます。今までご覧になっていたチャートより「こちらの方が使いやすい!」というものが見つかるかもしれません。

チャートタイプ設定

ポイント・アンド・フィギュア

チャートタイプの詳細はこちら


同時に最大9分割まで設定ができます。他銘柄の動きを同時に見たり、1分足、3分足、5分足と時間軸によっての変化を瞬時に見ることもできます。デイトレードを最大限サポートします。

銘柄別の画面設定

同銘柄1分足、3分足、5分足の画面設定



近年、システムトレード的なアプローチで売買をしている方が多いと思います。そういった手法で必ず必要になるのが、過去の価格データです。トレードプロでは最大5,000本まで過去のデータをCSV形式で出力することができます。売買手法の検証をサポートします。




ご自身で組み合わせた現在表示しているチャートや指標を保存することができます。画面設定や各テクニカル指標のパラメータの変更なども保存できますので、複数の売買アイディアを参考にするには便利な機能です。保存したチャートを呼び出すには「指標設定保存」をクリックしますと、登録した指標設定の一覧が表示されます。




記載の内容は、予告なく変更、中止することがあります。
当社ツールの使い方のご案内を目的に作成しており、有価証券や、その他いかなる商品について売買を勧誘し、推奨するものではございません。
先物取引(証券・商品)は元金が保証されているものではなく、相場の変動により預託いただいた証拠金・保証金以上の損失が生じることがあります。
投資等に関する最終決定は、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。

ページトップへ